太陽を見方に電気代節約

『太陽光発電 家庭』 最新ツイート

@solarmoniter

太陽光発電は乾電池と同じく直流電流を作り出します。家庭用電源は交流電流なので、そのままでは使えません。そこで家庭用交流電流と同じ形に整流する必要が出てきます。そのために使われるのが、パワーコンディショナーという装置です。

25分前 - 2020年10月21日


@solanavi1008

《太陽光発電ってなに?》 太陽光発電は、ソーラーパネルを使い、太陽から出る光エネルギーを吸収し、電気エネルギーに変換するシステムです。変換して得た電気エネルギーは、家庭で使うことはもちろん、電力会社に販売も出来ます。 もっと読む:https://t.co/rJKuFMRFd1

57分前 - 2020年10月21日


@tanayuki

「太陽光・風力発電の普及のため大容量蓄電池の開発を援助する」→わかる。「家庭でも燃料電池や電気自動車(EV)、省エネ家電の普及がカギになる」→わかる。「水素ステーションの設置拡大策も示す見通しだ」→ん? / “温暖化ガス排出、20… https://t.co/0npiTJLvP0

2時間前 - 2020年10月21日


太陽を利用して発電しよう♪

家庭での太陽光発電のメリットとデメリット

最近は、家庭で太陽光発電を行っているケースも増えていますが、これにはいくつかのメリットがあります。
まず、なんといっても大きいのが、電気代が安くなることです。
発電した電気を利用すれば当然、通常の電気料金はそれだけ安くなります。
どのぐらい節電できるかは状況にもよりますが、電気料金を今までの半分以下や3分の1程度にすることは十分可能です。
そして、電気が余れば、それを売ることも可能です。
ただし、それらは十分の広さのある日当たりの良い屋根があって初めて可能になることであり、小さな屋根や他の建物の影が出来る屋根の場合は太陽光発電に向いておらず、十分な効果を出すことはできないでしょう。
一方、デメリットの方は、初期投資費用が高額になることです。
一般家庭の場合、設置に150万円から300万円程度の費用がかかります。
そして、定期点検や火災保険などの維持費も意外とかかるのです。
したがって、導入する際には、業者に依頼して発電推定量を算出し、投資に見合うものかを見極めなくてはなりません。

家庭で行える太陽光発電には何があるか

家庭で行える太陽光発電として、最初に挙げられるものが売電用のものです。
ある程度の規模が必要になるため、導入にかかる費用は決して安いものではありませんが、電気の買取価格は10年、または20年間保証されているため、導入費回収の計画が立てやすくなっています。
ただし、短期間で回収できるものではないため、引っ越しが多いような場合には向いていません。
太陽光発電は売電しなければならないものではなく、家庭で使う目的で導入もできます。
自分で組み立てられる安価な発電キットが販売されており、これを使えば小規模の発電を行えます。
導入費を抑えられ、ベランダのような狭いスペースでも設置できるのが特徴です。
売電ではないため、電力会社へ申請する必要はありません。
太陽光発電は日中しか発電できませんが、発電キットは蓄電池もセットになっているため、夜間でも発電した電気を使えます。
発電量はそれほど多くありませんが、非常時の電源として利用できるメリットがあります。

おすすめWEBサイト 5選


池袋でパーソナルトレーニングを受けられます


Last update:2019/12/5

Copyright © 2015 太陽を見方に電気代節約 All Rights Reserved.